高齢女性によるグループ経営 ――「人間らしい仕事」の獲得

2020年刊。 蒲澤晴美 著/ 定価(本体3,000円+消費税)/ A5判上製/160頁/ ISBN978-4-8420-6594-6

◆保護の「客体」ないし「依存者」と見なされていた高齢者が「主体」として生きることへの提言◆
 高齢女性グループを行動主体として捉え、それが人間らしい仕事の形成あるいは獲得に向けて、どのような営みを築き上げているのかを分析する。
 その主体的な営みこそが、高齢女性によるグループ経営を継続させる力になる。


書籍 主要目次

【序 章】農村で活躍する高齢女性グループ
   エイジングとジェンダー/分析視角――「人間らしい仕事」/S県農村地帯の事例/構成
【第1章】高齢女性グループの組織内関係
   はじめに/組織の概要/組織内管理の実態/小括
【第2章】高齢女性グループと家族・集落との関係
   はじめに/多様な農村とグループ/活動継続の阻害および促進/小括
【第3章】高齢女性グループと地域諸団体との関係
   はじめに/市町村自治体との関係/農協等直売所との関係/県・農林振興センターとの関係/小括
【終 章】高齢女性グループ経営の継続性
   得られた知見/「人間らしい仕事」の獲得