北アイルランド政治論 ――政治的暴力とナショナリズム

2017年刊。南野 泰義 著/本体7400円/A5判上製/416頁/ ISBN978-4-8420-5575-6

◆2つのナショナリズムが衝突する北アイルランド政治の現実を問う◆
政治は、共存のための術か、闘争のための手段か。
19世紀以来のアイルランドにおけるナショナリスト運動の歴史と1920年以降の北アイルランドの政治過程を再校する。


書籍 主要目次

序論
【第1章】 アイルランドにおけるナショナリズムとユニオニズム
アイルランド・ナショナリズム/アルスター・ユニオニズム/小括
【第2章】 19世紀アイルランドにおけるナショナリズム運動(1)
ナショナリスト組織と知識人/大飢饉前のナショナリズム運動/「科学主義的国家《論と知識人/知識人ナショナリストの思想
【第3章】 19世紀アイルランドにおけるナショナリズム運動(2)
大飢饉後のナショナリズム運動をめぐる社会的前提/ゲーリック・リーグとオウン・マクニール/1890年代の政治情勢とゲーリック・リーグ/オウン・マクニールのナショナリズム論/小括
【第4章】 アイルランド義勇軍とアイルランド・ナショナリズム
アルスター危機――2つのナショナリズムの相克/アイルランド義勇軍の結成/アイルランド義勇軍の目的と組織/アイルランド義勇軍の分裂/小括
【第5章】 「イースター蜂起《とアイルランド・ナショナリズム
第1次世界大戦とアイルランド義勇軍/武装蜂起への道/イースター蜂起/第4次アイルランド自治法案と独立戦争/「ベルファスト・ポグロム《とアングロ=アイリッシュ協定/小括
【第6章】 1918年イギリス総選挙とアイルランド
イギリス議会とアイルランド問題をめぐる情勢/アイルランドにおける1918年イギリス総選挙/1918年イギリス総選挙と選挙制度/小括
【第7章】 北アイルランド政府とUUP一党支配体制の成立
1920年アイルランド統治法下での北アイルランド/選挙制度改革とゲリマンダリング/UUP一党支配体制の成立/小括
【第8章】 北アイルランド政府とUUP一党支配体制の崩壊
「ストーモント《危機/北アイルランド情勢の変化/オニール改革の背景とその帰結/公民権運動とストーモント体制の崩壊/政治的暴力の恒常化と直接統治の導入/小括
【第9章】 北アイルランド紛争における政治的暴力の構造
政治的暴力に関する研究動向/北アイルランドにおける武装組織とイギリス治安部隊/政治的暴力の実態とその構造/武装闘争期における政治的暴力の傾向/小括
補論――北アイルランド自治議会選挙と武装解除問題
【第10章】 1998年「ベルファスト和平合意《の構造
北アイルランド和平をめぐる選択肢/和平プロセス1994年*1998年/ベルファスト和平合意の制度的特徴と政治的意味/サニングデールからベルファストへ/小括