歴史のなかのEU法

2023年刊。 山根 裕子 著/ 定価(本体4,200円+消費税)/ A5判上製/336頁/分野:法律/国際法/ ISBN978-4-8420-4067-7

 欧州の平和を求め、大戦後の荒廃から発展したEUは、市場統合をその方法とし、生産財の域内自由移動を狙い、競争法適用に取組んできた。EU独自の知財権保護制度も導入しつつ、デジタル化等の技術革新に対応し、知識経済の形成を目指す。東西ヨーロッパの融合や刑事の国際化に布石を打って制度化された基本権保障中心の「加盟国共通の価値」は、市場統合過程に実質的な効力を与えている。
 一方で、東方への拡大は旧ソ連内外の紛争を内在化させ、再び米国の介入を招いた。経済政策や安全保障等の分野において欠如するEU権限のもとで、EU統合に多大な貢献をしてきた司法裁判所の役割はさらに重要な役割を果たすに至る。「加盟国共通の価値」による統合は、再帰的歴史観や地政学を克服し、複雑化する欧州の現実に対応できるのか。


書籍


◆◆◆
Booksからウェブ書店を通じて注文する
Booksの書店バナーよりご注文ください
◆◆◆

 本書は、変遷し続けた国際環境の中で制度構築に貢献してきた司法裁判所の技巧に注目し、技術革新に対応しつつ構築されてきたEU統合の制度について理解を試みる。とくに、「人権、民主主義、法の支配」という、今は日本を含む諸国がEUと共有するという価値に焦点をあて、その実施方法を点検した。EU 制度の歴史的発展を踏まえ(第T、U章)、その対外政策(第V章)を検討した上で、基本権憲章とEU 域内政策との関係(第W章)を点検し、市場統合の重要な分野である競争法の適用(第X章)及びEU 知財政策の導入(第Y章)について分析し、その意味を考え、EU統合の法理論と実務について 解説する。

主要目次
【第T章】EU制度の発展(1)――欧州共同体の法秩序
 T. 欧州共同体の創設
  コラム1 Cassis de Dijon 先行判決
 U. ECを中心とする自由貿易圏の拡大
  コラム2 英国と大陸ヨーロッパ
 V. 域内の法秩序
  コラム3 先行判決付託義務
  コラム4 Van Gend en Loos 先行判決――直接適用・効果の条件
  コラム5 Costa v ENEL 先行判決と「EU法優位」の意味
  コラム6 二次法規の直接効果要件――無差別待遇の原則と指令の水平効果
  コラム7 基本的権利に関する合同宣言

【第U章】EU制度の発展(2)――欧州連合(EU)の政策
 T. EUの誕生と基本条約の改正
  コラム8 NATO とワルシャワ条約機構
  コラム9 シェンゲン・ダブリン協定
 U. 共同体の新たな政策
  コラム10 情報開示と司法アクセス
 V. EU憲法条約案、基本権憲章とリスボン条約
 W. 東西の分断と融合
  コラム11 天然ガスパイプラインをめぐる司法裁判所判決と連帯原則

【第V章】EU対外関係の法
 T. 共同体/EUの対外的行動と協定締結権限
  コラム12 AETR判決と協定締結権
  コラム13 裁判所意見2/15
 U. 地域統合のEU法と一般国際法
  コラム14 Racke事件の背景
  コラム15 グローバルな海事機関、海洋汚染とEU立法
  コラム16 西サハラの歴史と国連

【第W章】加盟国共通の価値
 T. 人権概念の対立
 U. EU憲章の内容、解釈と適用範囲
  コラム17 EU 基本権憲章の構造
 V. 基本条約、憲章と欧州人権条約
  コラム18 裁判所意見2/13
 W. 「4つの自由」と基本権
  コラム19 物及び役務の自由移動と表現の自由
 X. 憲章の適用範囲と保護水準
  コラム20 ne bis in idem原則
 Y. 個人情報の保護と自由
  コラム21 指令95/46の原則
  コラム22 データ保護と個人の自由
  コラム23 GDPR の骨子
 Z. 「自由・安全・正義の領域」(AFSJ)と基本権
  コラム24 刑事・警察協力のための諸機関
  コラム25 短期査証の発給権限
 [. 「法の支配」コンディショナリティ

【第X章】EUの競争政策
 T. EU競争法の基本構造
  コラム26 合併規則採択までの道
  コラム27 合併分析のガイドライン例
  コラム28 制裁金の目的と抑止力
 U. 競争法適用過程における基本権
  コラム29 協調行為と価格に関する情報交換
  コラム30 TFEU 101・102条執行における委員会の決定権限
  コラム31 「良き行政」原則の由来――Tradax訴訟
  コラム32 職員による情報取扱上の義務
  コラム33 Solvayと文書アクセス権
  コラム34 第三者の防御権
  コラム35 行政措置採択手続と刑法上の原則
  コラム36 ne bis in idemに関する競争法判例
 V. 「支配的地位の濫用」の現代的課題
  コラム37 Intel による取消訴訟
  コラム38 デジタル・プラットフォームに対するEU競争法適用例
  コラム39 特許戦略と支配的地位の濫用

【第Y章】EUの知財保護制度
 T. 共同体設立条約と知的財産権――初期の選択
  コラム40 並行輸入阻止行為への競争法適用の終焉?
 U. 加盟国間の法制度調和による EU知財保護
  コラム41 最近の産業政策によるSPC の規則改正
  コラム42 コンピュータ・プログラムの中古販売と著作権の消尽
  コラム43 データベース権の根拠
  コラム44 公衆への伝達権と著作・隣接権
  コラム45 OCSSPの責任体制
  コラム46 Monsanto v Cefetra 先行判決
 V. 域内単一効知財権の創設
  コラム47 EU 加盟国間の地理的表示紛争
 W. EU基本権憲章、知財権と公共の利益
  コラム48 EPO 及び米国における再生医療研究と「ヒト胚」