行政の裁判統制と司法審査 ――行政裁判の理論と制度

2017年刊。 横山信二 著/ 定価(本体5,800円+消費税)/ A5判上製/264頁/ ISBN978-4-8420-1521-7

◆行政裁判を統治システムの中に科学的に位置づける◆
行政を規律する行政法の形成と発達を大陸行政法と英米行政法の二面から分析、わが国と同様両行政法の影響を受けたカナダ行政法を比較的に考察。「行政法の法源である行政裁判」を統治システムの中に科学的に位置づける。


書籍 主要目次
【序章】 問題の提起
【第1章】 裁判と行政法
  第1節 行政法の法源・Source of law of Administrative law
  第2節 裁判と立法および司法、そして行政法
【第2章】 行政裁判制度の形成と理論
  第1節 フランスにおける行政裁判による行政統制――裁判による行政統制
  第2節 英米における行政法の発達――司法審査による行政統制
  第3節 行政活動の裁判統制と司法審査
  補論 「裁判」とは何か
【第3章】 行政裁判の機能と限界――大陸行政法と英米行政法の混在
  第1節 カナダ行政法の形成――英米行政法と大陸行政法の混在
  第2節 生存権保障と行政訴訟――生存配慮行政の行政裁判と司法審査
  第3節 原告適格における行政裁判と司法審査――「法律上の利益」による行政の統制
  第4節 「法律上の利益」に関する裁判統制と司法審査
  補論 差止請求権について
【終章】 行政の実体法的統制と手続法的統制